「Cheaney’s 130th Anniversary Styles」

 

この度、『Cheaney's 130th Anniversary Styles』にスタイルスナップを掲載いただきました。

1886年に創業した英国ノーザンプトンの老舗シューメーカー「JOSEPH CHEANEY(ジョセフ・チーニー)」の創業130周年を記念し、様々なフィールドで活躍する130人のスタイルを紹介するというこのスペシャル企画。


「Brift H」代表
長谷川 裕也さん

「The Armoury」設立者
Mark Choさん

「BLUE SHEARS」 ヘッドカッター
久保田 博さん

「UNITED ARROWS」 上級顧問 
栗野 宏文さん

「UNION WORKS」 代表
中川 一康さん

「SHIPS」 クリエイティブアドバイザー
鈴木 晴生
さん

「Yohei Fukuda」シューメーカー
福田 洋平
さん

「BEAMS」 クリエイティブディレクター
中村 達也
さん

(掲載順)

 

など、そうそうたる顔ぶれの皆さまとご一緒に掲載いただき、わたくし感無量でございます。

 

img_7904
「Cheaney's 130th Anniversary Styles」No.95

 

Suit      :   SARUT HILO
Shirt     :   DO-1 SEWING
Scalf     :   ALFREO DUNHILL
Chief    :   ISAIA
Shoes   :   JOSEPH CHEANEY

 

渡辺産業プレスの坂本 竜さんに教えていただきましたが、
実は、CHEANEYがレディースの取り扱いを始めたのは、2016年の春夏シーズンからなのだとか。

どおりで、「チーニーのレディース」という言葉に耳慣れなかった訳ですね。

 

「Cheaney's 130th Anniversary Styles」No.95

 

今回のスナップで着用したのは、「MARGARET」というチャッカブーツ。

近年のトレンドもあり、各ショップではメンズ仕立てのマニッシュなレディース靴をよく見かけるようになりました。

いわゆる、女子が言うところの"おじ靴"ですね。

しかし、はっきり申し上げまして、残念ながら革や縫製のクオリティは低いのが現実です。

さらに"めんどくさがり"という女性特有のユーザーニーズもあり、決まって「①ガラスレザー、②マッケイ or セメント製法、③ラバーソール」という三拍子‥‥。

もう本格的な靴なんて探すのを諦めようかと、何度肩を落としたことか・・・。


そんな時に出会ったのが、このCHEANEYのレディース靴でした。
「こんなレディース靴があったの??!!」と本国の職人方の真摯な仕事に驚きを隠せません。

アッパーは磨けば磨くほど味わいが増しそうな上質なカーフ。

底付けはグッドイヤーウェルト製法で、重厚感がありつつも柔らかい履き心地。

個人的な感想ですが、レディースの足型をよく研究されているように感じます。

というのも、土踏まずがしっかりフィットしてくれるので、足がホールドされるのです。
これまで、様々な靴に足入れしてきましたが、この感覚は他の靴にはありませんでした。

これなら足の重心がブレないので、長く歩いても疲れません。

そして、何より見た目がとても美しい・・・。



「MARGARET」には堅実だけれど艶やかな、アンビバレントな魅力があります。

 

お洒落で格好よきレディの皆さま、
もし機会があれば、CHEANEYのチャッカブーツ「MARGARET」をぜひお試しくださいね。