こだわり派の30代・40代男性にプレゼントしたい、ワンランク上のおしゃれな高級メンズアイテム

FASHION

 

最終更新日:2018.12.20

 

メンズスタイルデザイナーの中里 彩です。

メンズスタイルデザイナーという職業柄、日々これでもかというほどメンズのアイテムに触れている私が正直に「これは良い!」と思ったアイテムをご紹介します。

実際に男性にプレゼントしたり、自分でも愛用しているブランドのアイテムばかりです。また良いものがあり次第、随時更新していきます。

おそらく女性はプレゼントに選ばないのではないか、というほどマニアックなアイテムが揃っているのではないかと思います。女性はもちろん、日々のアイテムをアップデートしたい男性にもオススメです。

スポンサード広告でもアフィリエイト記事でもなく、本音で書きます。各ブランドのリンク先にも素敵な商品がたくさんありますので色々と見てみてくださいね。

 

ITEM LIST

・ 「Drake's」 / ポケットチーフ
・ 「RING JACKET Napoli」 / セッテピエゲネクタイ
・ 「Vandori」 / ニットウェア
・ 「gravevault」 / アンダーウェア
・ 「GREN LOYAL」 / シューホーン
・ 「MEROLA」 / レザーグローブ
・ 「Britt H」 / オリジナルシュークリーム「THE CREAM」
・ 「Brift H」 / 靴磨きフルコース ギフトカード
・ 「MOLTON BROWN」 / メンズスキンケア用品
・ 「Valextra」 / ウォレット(長財布)
・ 「NAKATA HANGER」 / 木製ハンガー
・「BAHARI」/ ガルーシャブレスレット
・「Santa Maria Novella」/ オーデコロン

「Drake's(ドレイクス)」の ポケットチーフ

出典:BRITISHMADE ONLINE STORE

1977年創業のイギリスのファクトリーブランド「Drake's」のポケットチーフ。Drake'sといえばスカーフやネクタイポケットチーフに使われているこのオリエンタルな柄のプリントが特徴的です。ポケットチーフ単体だと「あれ、派手かな?」と思えるのですが、色柄自体がクラシカルなのでいざ胸元に挿してみると調和がとれます。胸元に少しアクセント加えたいときにオススメ。

POINT
ポケットチーフは基本的にコーディネートのいちばん最後に選ぶアイテムで、全身の色のバランスを整える、もしくはさらに色を加えてアクセントをつける役割があります。ポケットチーフをうまく使いこなすにはスーツやネクタイに構成されている色を拾ってみることをオススメします。

例えば、左(スマホなら上)の写真のポケットチーフはメインカラーに「ネイビー」、アクセントに「オレンジ/ エンジ /ターコイズブルー」などが入っていますね。このような場合はスーツやネクタイにネイビー系やエンジ・オレンジ系の色が入っているときにこのチーフを挿すとバランスが取れるので、試してみてくださいね。

 

 

BRITISH MADE / Drake’s 〜 Opening Reception @GINZA SIX 〜

2017/04/20

 

▼オンラインストア
Drake's / BRITISH MADE ONLINE SHOP

▼実店舗
Drake's Ginza
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F
TEL    03-6263-9955
OPEN 10:30〜20:30

「RING JACKET Napoli (リングヂャケット ナポリ)」のセッテピエゲタイ

出典:RINGJACKET MEISTER ONLINE STORE

1954年に大阪で創業した「RING JACKET」は、いま世界の洒落者たちに大人気の国産ファクトリースーツブランド。東京では青山・銀座・新宿に店舗があります。「RING JACKET Napoli」はリングヂャケットがメンズファッションの聖地ナポリのオマージュとして打ち立てたラインです。セッテピエゲといえば「E.Marinella」や「Franco Minucci」など世界の著名ブランドが扱っていますが、リングヂャケットもナポリの職人とタッグを組み、セッテピエゲのネクタイを扱うブランドとして仲間入りを果たしました。リングヂャケットのネクタイは全体的にクラシカルでありながらパッと目を引くお洒落な色柄が特徴的です。

 

POINT
セッテピエゲ(sette pieghe)とは、薄手のシルク生地を7つ折りにしたネクタイの縫製技術のこと。7つ折りで生地量が多く芯地を入れません。シルク生地の柔らかさを残しながらVゾーンにボリュームができるため、全体として華やかな印象になります。

 

 

▼オンラインストア
RING JACKET MEISTER ONLINESTORE

▼実店舗
RING JACKET MEISTER 206 AOYAMA
〒107-0062 東京都港区南青山5-5-4 ルーチェ南青山
TEL&FAX   03-6418-7855

RING JACKET MEISTER GINZA
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F
TEL:03-6264-5637

RING JACKET  ISETAN MENS
〒160-0022 新宿区新宿3-14-1 新宿伊勢丹 メンズ館5F
TEL:03-3352-1111(代表)

「Vandori(ヴァンドリ)」の ニットウェア

出典:Vandori ONLINE SHOP

青山・骨董通りにお店を構える「Vandori」は、アパレル業界人からお洒落で有名な芸能人までファンが多い日本のニットウェアブランド。上質なウール・カシミア・シルク素材のニットは1度体感したら他のものが着れなくなってしまうほどの極上の肌ざわりです。シンプルだけど飽きのこないデザインにベーシックな色柄のものばかりなので流行に左右されず長く愛用できます。ユニセックスのサイズ展開なので、カップルで色違いのニットウェアを着るのも楽しいですね。

 

 

▼オンラインショップ
Vandori ONLINE SHOP

▼実店舗
Vandori
東京都港区南青山6-2-2-102
TEL     03-6418-7832
OPEN  11:00〜20:00

「gravevault(グレイブボールト)」の アンダーウェア

出典:gravevault WEB SHOP}

「gravevault(グレイブボールト)」は高級アンダーウェアブランド。伸縮性のあるナイロン素材なので体にしっかりフィットします。シルクのようにサラッと滑らかな肌ざわりで蒸れることもありません。とにかくい気持ちいいのです。それもそのはず、「アンダーウェアは人間の第2の皮膚」として熟練の職人によって10ものパーツに裁断・縫製され1着1着ていねいに作られています。シンプルな無地から花柄・ボーダー柄・幾何学模様までたくさんのバリエーションがあるのもうれしいですね。

 

 

▼オンラインストア
gravevault WEB SHOP

取扱いショップリストはこちら

「GREN LOYAL(グレンロイヤル)」のシューホーン

出典:BRITISHMADE ONLINE STORE

「GLENROYAL  (グレンロイヤル)」は1979年創業のスコットランドのレザーブランド。上質なブライドルレザーを使用した鞄・財布・小物は熟練の職人の手によってハンドメイドで作られています。使っていくうちに経年変化で風合いが増していくのがブライドルレザーのプロダクトをもつ醍醐味。私がこれまで見てきたポータブルのシューホーンの中でグレンロイヤルが最もお洒落に感じました。金属ではなくて”水牛の角”というのもグレンロイヤルならではのこだわり。営業先の訪問や接待の場など、お仕事で靴を脱ぐシーンでサッとシューホーンを取りだして靴を履いたらスマートですね。

 

 

▼オンラインストア
GLENROYAL /BRITISH MADE ONLINE SHOP

▼実店舗
BRITISH MADE 青山本店
〒107-0062 東京都港区南青山5-14-2 Kizunaビル1,2F
TEL        03-5466-3445
OPEN     12:00-20:00
CLOSE 月曜

BRITISH MADE 銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 5F
TEL        03-6263-9955
OPEN    10:30-20:30

「MEROLA(メローラ)」のレザーグローブ

出典:MEROLA ONLINE STORE

1870年創業のナポリの老舗「Merola(メローラ)」はクラシコイタリアを代表するネクタイと手袋のブランド。日本では青山・骨董通りの「Condotti(コンドッティ)」で展開されています。ナパレザーやスウェード・ペッカリーなどの高級革素材の手袋が豊富です。アウトステッチの手袋はスポーティーで無骨な印象を、内側に折り込まれて縫製されたインステッチの手袋はドレッシーな印象になります。

POINT
革手袋を選ぶとき、サイズは「ちょっとキツいかな」というくらいがちょうどいいです。職人の手仕事のため1つ1つの製品で縫製の具合に個体差があるので、なるべくなら実物を試着することをオススメします。また、シルクのライニングは生地が薄いためドレッシーで華奢に見ますが保温効果はなく真冬は寒いのでご注意を。

 

 

▼オンラインストア
MEROLA ONLINE SHOP

▼実店舗
Condotti(コンドッティ)
〒107-0062 東京都港区南青山5-13-2
TEL      03-6427-9277
OPEN   12:00-20:00

「Britt H(ブリフトアッシュ)」 のオリジナルシューケアクリーム「THE CREAM」

出典:Brift H WEB SHOP

青山・骨董通りにある「Brift H(ブリフトアッシュ)は、靴磨き世界チャンピオン 長谷川裕也さんによる靴磨き専門店。靴磨きの世界では「靴磨きといえば、Brift H」というほどの知名度と実力を誇ります。Brift Hが3年をかけて国内のオーガニック化粧品メーカーと共同開発したオリジナルクリーム「THE CREAM」は、素手で塗っても大丈夫なほど人の肌にもやさしい高品質な成分で作られています。指先でクルクルとていねいに塗り込むと体温でクリームが温められてスッと革の中に浸透していくのです。カラーバリエーションは10色+ナチュラル(無色)もあります。靴磨きクリーム特有の強いニオイも特に気になりません。ナチュラルカラー(無色)なら靴だけではなく、レザーバッグや小物にも使えるのでオススメです。

 

 

お酒をたしなみながら靴磨きを眺めて 。「Brift H」ベテランシューシャイナー北見 建浩さん

2017/02/05

 

▼オンラインストア
Brift H WEB SHOP

▼実店舗
Brift H
〒107-0062 東京都港区南青山6-3-11 PAN南青山204
TEL&FAX 03-3797-0373
OPEN 平日13時~20時(L.O 18:45) 土日12時~19時(L.O 18時)
CLOSE 火曜日

「Brift H」の 靴磨きフルコース ギフトカード

出典:Brift H WEB SHOP

「靴磨きって面倒だし時間かかるからやらないんだよね」という男性には「Brift H」の靴磨きフルコースのギフト券をプレゼントしてみるのもいいかもしれません。事前に予約すれば店舗のカウンターで靴磨きをじっくり見ることもできます。世界チャンピオンの長谷川裕也さんにお願いしたい場合には別途指名料(2000円)がかかりますが、彼の華麗なシューシャインパフォーマンスを1度は体験する価値アリです。

※The Brift<メンズ・レディース・ブーツ>のみの利用
 お預かりのコースを利用する場合は、差額分を他のサービスで利用可能

メニューリストはこちら

 

「MOLTON BROWN(モルトンブラウン)」のメンズスキンケア用品

出典:(左)ISETAN ONLINE STORE (右)VULCANIZE LONDON オンラインストア

「MOLTON BROWN(モルトンブラウン)」は世界中で愛される、英国王室御用達のライフスタイルブランド。ヘアケア・スキンケア・フレグランスと日々のライフスタイルに心地よい香りを添えてくれます。
「手間をかけたくないけどしっかり肌のケアをしたい」という男性のニーズを捉えたオールインワンのメンズスキンケア用品なら日頃あまりお手入れしない男性にもプレゼントしやすいですね。メンズ向けなのでサッパリとした香りが特徴的です。

とはいえ海外のものは香りがやや強めなので、匂いを気にする男性には向かないかもしれません。匂いの好みをしっかり押さえてから購入をオススメします。

 

 

▼オンラインストア
ISETAN ONLINE STORE
VULCANIZE LONDON

▼実店舗
新宿伊勢丹 MEN'S館
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL       03-3352-1111
OPEN    10:30〜20:00

VULCANIZE LONDON AOYAMA
〒107-0062  東京都港区南青山5-8-5
TEL        03-5464-5255
OPEN    12:00 – 20:00

「Vralextra(ヴァレクストラ)」のウォレット (長財布)

出典:Valextra オンラインブティック

「Valextra(ヴァレクストラ)」は1937年創業のミラノの高級レザーブランド。エルメスやグッチと同じように創業当初は”馬具メーカー”としてスタートしブランドを築きあげてきました。「神は細部に宿る」と言いますが、職人の手作業で作りあげられるアイテムからは彼らの愛情と伝統とクラフツマンシップへのリスペクトを感じます。ぜひヴァレクストラのオフィシャル動画を観てみてください。

 

 

バッグからペットアイテムまで様々なレザーアイテムを扱うヴァレクストラのなかでも定番の「ヴァーティカル 12カード」はタイムレスで洗練されたシンプルなデザインに上品な雰囲気が漂うオトナのウォレット。
小銭入れは付いていないので小銭を持たない(もしくは別でコインケースを持つ)派もしくはカード支払い派にオススメします。サッとウォレットからカードを取り出して、スマートにお会計を済ませたら格好いいですね。

 

 

▼オンラインストア
Valextra オンラインブティック

▼実店舗
ヴァレクストラ 東京ミッドタウン店
〒107-0052
東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン ガレリア1階
TEL       03-6459-2506

ヴァレクストラ 伊勢丹新宿店メンズ館
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店メンズ館1Fアクセサリー
TEL       03-3352-1111(大代表)

 

「NAKATAHANGER(ナカタハンガー)」の木製ハンガー

出典:NAKATAHANGER ONLINESTORE

1946年創業の「NAKATA HANGER(ナカタハンガー)」は兵庫・豊岡の高級木製ハンガーの専業メーカー。ハンガー界の王様的存在です。

よく高級ハンガーの2大巨頭としてナカタハンガーともに比較されるハンガーメーカーにイタリアの「MAINETTI(マイネッティ)」があります。マイネッティハンガーは発泡樹脂素材のためとにかく軽いのに対し、ナカタハンガーはヨーロッパ産のブナ材を使用した純木製で重厚感があるのとマイネッティよりもさらに湾曲し人体により近く設計されているのが特徴です。

ナカタハンガーのなかでも「NH-2 / ジャケットハンガー」は天然木の特性を見極めながら職人がフリーハンドで削り出していく”つなぎ目のない”ハンガーとして有名です。人体の構造の研究はもちろん、熟練職人が長年に積み上げた経験と勘の技術によって人間の肩に近い”湾曲”が生み出されています。

高級ハンガーはおそらく自分ではあまり購入しない(しかももらって困らない)ものなので、ぜひ一度プレゼントしてみてください。

 

 

▼オンラインストア
NAKATA HANGER ONLINE STORE

▼実店舗
ナカタハンガー 東京ショールーム
〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館 1F
TEL      03-6423-1222
OPEN   10:00〜18:00

 

「BAHARI(バハリ)」のガルーシャブレスレット

出典;BAHARI Facebookページ

「BAHARI(バハリ)」は知る人ぞ知る、元浅草のガルーシャ専門ブランド。ご存知と思いますが「ガルーシャ」とはエイ革のことで「スティングレイ」とも呼ばれています。エイ革は非常に硬く水に強いため、メンテナンスは特に必要なく、汚れたら固く絞った布で優しく吹き上げる位で十分です。

日本でも1000年以上前から日本刀の柄や鞘にエイ革が使われてきた歴史がありますが、素材が硬いこともあり日本でエイ革の加工技術があまり進歩しませんでした。一方で昔からエイ革を使ってきた東南アジアには日本ではできない先進的な加工技術をもつ職人が数多くいるそうで、バハリもまたタイを拠点に製造しています。(オーダーメイドは日本で制作)

バハリにはバッグ、長財布やスマホケースなどの多様なアイテムもあるのですが、1番オススメしたいのはブレスレットです。ここまで色鮮やかなガルーシャのブレスレットは日本では売っていないので実は私も衝動買いしてしまいました。

出典:BAHARI ONLINE STORE

バイカラーの太いブレスレットは17㎝と19㎝のサイズがあります。いちおう19㎝がメンズサイズですが、手首が細めの男性であれば17㎝でも入ります。細いブレスレットは1連だとメンズにはちょっと華奢な印象なので2連のブレスレット(オーダーメイド)をオススメします。コーディネートに合わせて各色揃えるのもお洒落ですね。ペアブレスレットとしてパートナーと色違いで身につけるのもいいかもしれません。

※現在、細いブレスレットはオンラインストアには掲載されていないので、直接店舗にお問い合わせください

 

 

▼オンラインストア
BAHARI ONLINE SHOP

▼実店舗
BAHARI 直営店
〒111-0041 東京都台東区元浅草1-3-8 アトラス新御徒町 1F
TEL      03-5830-3121
OPEN   12:00〜19:00

GINZA SIX 蔦屋書店内
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 6F
TEL      03-3575-7755
OPEN   10:00〜22:30

 

「Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)」のオーデコロン

出典:Santa Maria Novella

世界最古の薬局として知られるフィレンツェの「Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)」のオーデコロン。創業は1612年ですが、その起源は13世紀にフィレンツェに移住してきたドミニコ会の修道僧たちが畑で草花を栽培して薬剤を調合したところまで遡ります。

すべて天然香料で作られていてふわっと漂うエレガントな香りが心地よく記憶に残ります。以前連載していたD'URBANのコラムにも書かせていただきましたが、香りは五感の中でも最も強く潜在意識に染みこみやすいものだと思います。心地よく品よく香る男性はそれだけで好印象です。

 

POINT
男性の場合は女性よりも体温が高い分、香りが強く立ちやすいので香水をつける場所にも気をつけたいところです。香水は人に会う30分前につけることを意識しましょう。また、香りは下から上にのぼって行くので、上半身よりも下半身(例えば、足首や膝の裏側、ウエストの両脇)につけることで”ほのかに”香らせることができます。

 

 

▼実店舗
サンタ・マリア・ノヴェッラ 銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座6-8-17,1F
TEL      03-3572-2694
OPEN   11:00〜20:00

サンタ・マリア・ノヴェッラ 伊勢丹メンズ館
〒160-0022 東京都新宿区新宿3−14−18F
TEL      03-3352-1111
OPEN   10:30〜20:00


 

その他、随時更新していきますのでお楽しみに!

更新したらTwitterでお知らせしますので、ぜひフォローお願いします!