『Sartoressa 〜仕立て屋見習いのクアデルノ〜』の連載がスタートします!

 

2015年の春頃から『Sartoressa ~服と靴と伊達男を愛して~』というタイトルで、ほんの少しだけブログを書いていた時期がありました。もしあなたがこちらのブログをご存知だとしたら、”超”がつくほどマニアックなお方なのだろうとお察しいたします・・・。(笑)

 

 

 

 

このブログの中で最も人気があり、最もマニアックだったのが仕立て屋のフィッティング(ピン打ち)を体型の特徴をまじえて写真やパターン図を使って解説するシリーズでした。

 「せっかくなら自分の修業を復習しながら、一般の方のお役に立てれば」と始めたブログでしたが、意外にも「ブログ見ていましたよ!」と声をかけてくださる服好きさんや同じ職人見習いの方が多くいらしたのは、とてもうれしかったですね。

 後から聞いたお話では、イージーオーダーのお店でフィッターとしてお仕事なさっている方々もお読みくださっていたそうで・・・。皆さま本当にありがとうございました。

 

以前、読者の方は一体どこでこのブログを知って飛んでくるのだろうと気にかかり、検索キーワードを調べてみたことがあります。

すると、意外にも「フィッティング・ピン打ち」や「鳩胸・アゴグセとは」等のキーワードからアクセスがあったのです。おそらくひと昔前の分厚い専門書以外に、フィッティングに関してわかりやすく写真付きで解説している媒体がないのだろうと勝手ながらに思っております。私も何度も探しましたが、見つけることは出来ませんでした。

(どなたか人体の構造をふまえて理論的にフィッティングを解説した専門書をご存知でしたら、ぜひ教えてください!)

 

ブログを書いていた当時は、大学4年生。残念ながら学業が忙しくなってしまって長らく休止状態にありましたが、このたび当メディアサイトのローンチをきっかけに連載記事として再び皆さまにお送りすることになりましたのでご報告です。

 

題して・・・

 

『Sartoressa 〜仕立て屋見習いのクアデルノ〜』

 

 

 

「Sartoressa(サルトレッサ)」はイタリア語で”(女性の)仕立て屋”、「quderno(クアデルノ)」は”ノート”という意。

テキストみたいに網羅的な解説はできませんので、仕立て屋見習いの修業ノートをチラッとのぞくような感覚でお楽しみいただければ幸いです。

ただし、フィッティングを始めプレスや縫製など職人によって多種多様な手法がありますので、あくまでもご参考までに。

 

それでは、『Sartoressa 〜仕立て屋見習いのクアデルノ〜』仕立て屋見習いのフィッティング Vol.1「ダキ取り」をどうぞ。