ふと足もとを見ると笑顔になっちゃう、そんな靴。「polpetta(ポルペッタ)」2018 S/S展示会

 

「今日は何を着ていこう?」

 

毎日のコーディネートを考えるときに、いちばん最初に決めるもの。きっと皆さん、それぞれ違いますよね。ある人はジャケットかもしれないし、ある人はパンツかもしれない。女性であればスカートかもしれません。

わたしがその日の装いを考えるとき、まず立ち止まるのはズラリと並んだ靴の前。そう、わたしの場合は、"靴を決めること"がコーディネートの始まりなんです。"靴が主役"、それが自分のスタイルでもあります。

これまで「素敵な靴は、素敵なところに連れてってくれる」と信じて、自分がいいな、欲しいなと心から感じる靴に出会ったときは、必ずそのご縁を大切にしてきたつもりです。買わずに諦めて後悔しつづけたある靴と2年越しの再会を果たしたときは、感動のあまり涙しそうになったことも・・・!

 

そんなわたしが、長いことずっと気になっていたシューズブランドがあります。

 

polpetta(ポルペッタ)」

 

ある方が「polpetta」のスリッポンを履いているのを見て、メンズブランドにはめずらしい鮮やかな色柄と”かわいらしさ”にヤラレてしまったんです。ひと言でいうと、オトナの遊びゴコロを感じる靴ですね。「polpetta」のデザイナーは、山崎 学人さん。

レディースも扱っているとのことで、今回はじめて「polpetta」の展示会(2018S/S)にお邪魔してきました。

 

 

 

実はわたくし、昨年くらいから”グルカサンダル”がたまらなく欲しくて探していました。

グルカサンダルといえば、イタリアの「F.lli Giacometti(フラテッリ ジャコメッティ)」が有名どころ。レディースの扱いもあって素敵なのですが、①取り扱い店舗が少なすぎる(足入れできない) ②欲しい色がない(白のみ) ③サンダルの金額としてはちょっと高い(税込8万円超)ということもあり、なくなく諦めていました。

その他、女の子に大人気の「Church's」やちょっとマニアックな「GENESIO COLLETTI & SONS」(Trading Post)など色々と見てきましたが、どれも好みに合わず。さらには、ブラウンが欲しいのになぜか白と黒ばかり・・・。このモードな白黒シューズを牽引しているのがプラダ傘下に入った英国「Church's」なのです。インスタでは「#churchs」がタグ付けされたサンダルがあちらこちらにUPされているほど。「Church's」の影響おそるべしです。

 

「polpetta」では、メンズで展開しているものと同じデザインでレディースの木型がありました。

写真左はレディースのサンプル、右はメンズの黒スエード。右のデザインでライトブラウンのカーフをオーダー。今夏中に間に合わせてくださるとのことなので、とても楽しみです。

 

 

「polpetta」といえば、スリッポン。

「polpetta」は、イタリア語で「肉だんご」という意味なのだとか。カワイイ。

もちろん、プレタ(既成靴)もありますが、パターンオーダーをすればキャンバス地やベルベット地など様々な種類のアッパーを選ぶことができます。底付けはセメンテッド製法で、ワイズ(足幅)が細め。レディースをフィッティングしてみたのですが、残念ながらワイズ大きめ甲高めのわたくしには小さすぎました。つま先の捨て寸があるので、ワイズに合わせると今度はノーズが長くなります。悔しい・・・。一般的な日本人女性の足にならすんなり入ると思いますので、オススメですよ。

 

 

 

それならば・・・と、グッドイヤーウェルト製法のメンズの木型にチャレンジしてみると、これがピッタリ履けてしまったんです!下の写真では「38」のサイズ表記になっていますが、実際にはレディースの「37」ぐらい。これで、タッセルローファー(写真はメンズ)とスリッポンをオーダーしようと思います。

 

オーダーの楽しみは、出来上がりを想像(妄想)しながら形やデザイン・色柄・素材を選ぶこと。そして、完成まで「どんな服に合わせようかな」「それを履いてどこに行こうかな」とワクワクしながら待つことです。時間をかけて考えて、カスタムした自分だけの服や靴。それだけで愛着が湧きませんか?長く愛して大切にしようと想える人やモノを増やすこと。その積み重ねが、日常に豊かさを与えてくれるのではないかと思うのです。

 

「ちょっとこうしたらカワイイよね、おもしろいよね」という遊びゴコロがある「polpetta」のような靴は、心のゆとりを持てる人にしか作れないのではないかと思います。マーケティングベースでものづくりをする今の日本のアパレル産業には、こういうオモシロさはほとんどありません。皆同じような服・似通った靴。不良在庫を抱えるのを恐れて、クリエイティブで新しいプロダクトを生み出すことに挑戦しない。真似事ばかりです。もう、余裕がないのですね。それではクリエイティビティが生まれないのは当たり前です。イタリア人が貧しくても心豊かでいるように、日本はもっと心の豊かさが生み出すものを大切にした方がいいんじゃないか。「polpetta」の靴を見て、ふとそのように感じました。

 

「polpetta」は、オシャレでクオリティも高いのに価格がお手頃なのがイイところ。ムリをしなくていい。気取らなくていい。だけど、日々のコーディネートに彩りを添えてくれる。足もとを見て、笑顔になるような心の豊かさを感じさせてくれる。だから、たくさん履きたくなるんです。

 

そんな、愛するにふさわしいシューズブランド「polpetta」。

 

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

ご意見・ご感想・お問い合わせはコチラから