「BRYCELAND’S」知る男ぞ知る、原宿の名店へ

 

真の服好きによる、真の服好きのためのセレクトショップ「BRYCELAND'S」。

Bryceland's Co」は、Ethan NewtonさんとKenji Cheung(張 振威)さんが共同で立ち上げたお店で、昨年2016年3月にオープン。初めて行くには少々わかりにくい裏原宿界隈にあります。

”こんなにもワールドワイドに男の服の愛好家が集まるお店は日本には他に存在しない”と言い切ってもいいでしょう。セレクトショップというよりも、ここは真の服好きが集まりブラックコーヒーを片手に語り合うサロンのような隠れ家です。

店内には日本人テーラー 小野雄介さんの「Anglofilo(アングロフィロ)」のアトリエも併設されています。

 

「BRYCELAND'S」のオーナー Ethan Newtonさん

 

昨年3月にオープンした「BRYCELAND'S」ですが、初めて訪れた時は実はまだオープン前。やっと床がきれいに整った?ぐらいの状態だったので、今回改めて完成された店内を見て思わず歓声をあげてしまいました・・・。

立派なお髭にやさしいスマイルのEthanは、意外にも日本語がペラペラ。一見するとちょっとコワイ・・・とたじろいでしまいそうな彼ですが、初めて会ったその日もEthan自身のキャリアや「BRYCELAND'S」立ち上げへの想いについて熱くていねいに語ってくれたのでした。

13歳の時にお兄さんと一緒にヴィンテージのミリタリーアイテムの買い付けをしていたというEthan。その数年後にはテーラリングの勉強を始め、20歳で代官山のジーンズショップで働くために来日します。30代に入り、香港の気鋭のセレクトショップ「The Armoury」の立ち上げに参画。その後、新しいビジネスパートナーのKenjiさんと共に「Bryceland's Co」を設立して今にいたります。

彼がなぜこの世界に入ったのか、詳しくは「Bryceland's Co」のWEBページで語られていますので、こちらからお読みになってみてくださいね。

 

久しぶりに再訪したこの日は、イタリア・ナポリのビスポークトラウザーズメーカー「Ambrosi Napoli」の4代目当主 Salvatore Ambrosiさんがトランクショーのため来日中。

せっかくなので、「Ambrosi」のトラウザーズを見せてもらいました。(実はこれが目的だったのです・・・)

 

 

「Ambrosi Napoli」4代目当主 Salvatore Ambrosiさん

 

 

 

 

「Ambrosi」のトラウザーズ(写真はレディメイド)は、クラシカルなナポリスタイル。ベルトレスで持ち出しは長め、サイドアジャスターにダブルプリーツ。そして、ラインはややテーパード。日本の職人のように、脚のふくらはぎの曲線に沿わせる強めのアイロンワークはほとんどしていません。ストレートにストンと落ちるシルエットです。

 

 

 

 

 

 

裏地がついていないことに気づいて、Ambrosiさんに理由を聞いてみると「僕は、裏地が嫌いなんだよ。」とひと言。まあ、正直なところナポリに裏地は要らないわよね・・・とわたくしも思わず納得してしまいました。

いつもBespokeの職人さんとお話した際には「レディースは扱っていますか?」と必ず確認するのですが、「Ambrosi」の場合、メンズのパターンはそのままでサイズを変更する形であれば、レディースもオーダー可能ということでした。つまり、Made to Measureです。

 

その他にも、「BRYCELAND'S」ではナポリの名門サルト「Sartoria DalCuore」や「Orazio Luciano」とコラボしたBRYCELAND'S仕様のジャケットを扱っています。これらは、Ethan本人がパターンを監修したのだそうです。

さらに、「Ascot Chang」のシャツや「SEVEN FOLD」のタイ、「SAINT CRISPIN'S」や「SPIGOLA」の靴など、「BRYCELAND'S」では”好きじゃないと絶対知らない”ようなコアなアイテムを幅広く扱っています。

 

Ethanはもちろん、共同設立者のKenjiさんも大のヴィンテージ好き。奥から出してきたヴィンテージの眼鏡コレクションを見せながら、目を輝かせて素晴らしさを語ってくれるKenjiさん。ホント、男性ってこういうところがかわいらしいと思ってしまいますね。彼いわく、新宿にとあるヴィンテージアイテムを扱った良いお店があるとのことで、近いうちに足を運んでみようと思います。

彼らと話していると、リアルな海外のビスポーク事情もよくわかります。英語が話せる方は、楽しさ3割増しです。

ちなみに、ここ数週間で、香港・韓国・台湾・シンガポールの各メンズファッション関係者の方々とお話する機会がありました。結論から申し上げますと、やはりいまアジアは熱い!このお話もまたBlogで触れますのでお楽しみに。

 

さてさて、何やらわたくしの周りもここ最近で急にワールドワイドになってまいりましたので、本腰を入れて英語を学びなおさないと・・・。気が焦りますね。