「ベンベルグ」のこと、覚えて欲しいんです。旭化成「ベンベルグ裏地ミュージアム+」

 

はい。いきなり突然ですが、あなたに質問です!

 

 

「ベンベルグ」 

といえば、イコール何のことでしょうか?

 

 「レーヨン」

⑵ 「トリアセテート」

⑶ 「キュプラ」

 

 

 

 

もちろん、ファッション関係の方々は即答でしたよね?

答えは、⑶の「キュプラ」です。初めてお知りになったという方は、この機会にぜひ覚えてくださいね。きっと旭化成の皆さまが泣いてお喜びになることでしょう・・・。

 

 

先日、神保町の超マニアックな裏地の博物館「ベンベルグ裏地ミュージアム+」にお邪魔してきました。以前より旭化成さまからお声がけいただいていたのですが、予約制なので一人ではなかなかお邪魔しにくくご一緒いただける方が現れるまでその機会をずっと待っていたのでした。今回は、旭化成の高級裏地素材「ベンベルグ」についてご紹介します。

 

 

若い人はベンベルグ=キュプラなんて知らない

  ご存知のとおり、高級裏地素材として有名なキュプラ。とにかくやわらかくシルクのようななめらかな肌ざわりが特徴で、ポリエステルよりも吸湿・速乾性が格段にすぐれています。私が初めて「キュプラ」の存在を知ったのは、学生時代に既成のスーツ販売のアルバイトをしていた頃でした。「触っていただくとわかりますが、キュプラはポリエステルよりもとても上質で高級なんですよ。」という常套セールストークでいったい何着のスーツを売ったことでしょう・・・(笑)その後、Made  To Measure(いわゆる、イージーオーダー)のお店で働くようになって初めて、「ベンベルグ=キュプラ」が自分の中で紐づくようになりました。

 

 

 昔はテレビCMで「ベンベルグ」を宣伝していたそうですから、ミドルエイジ以上のお年の方はすぐに答えがお分かりになったかもしれません。けれども、服飾にたずさわっていないかぎり、私たちの年代にとっては「ベンベルグ=キュプラ」なんてほとんどわからないのが現実です。今回ご案内してくださった旭化成株式会社 繊維事業本部の角田 隆行さんによると、実際の20代の若者の「ベンベルグ」の認知度は10%にも満たないのだそう。「若い人にもっとベンベルグ(=キュプラ)を知って欲しい!」とのことでしたので、業界人も知らないかもしれないベンベルグの新事実を3つお伝えしていきます。

 

新事実① ベンベルグの原料は、コットン?!

  まず、角田さんのご説明で最も驚いたのが、ベンベルグはコットンを原料にした再生セルロース繊維であるということ。正確にはコットンの種に生えたうぶ毛、コットンリンターがベンベルグの原料です。ベンベルグは化学繊維の中でも化学物質のみを反応させ作られる合成繊維(ポリエステルは合成繊維)だと信じ込んでいたので、これにはたいへん驚きました。

 

 

 ゴミやクズをキレイに取り除いたコットンリンターは大量の水を使ってヒトの髪の毛よりもはるかに細い繊維に引き伸ばされ、1本に撚られていきます。下の動画はミュージアムで観せていただいたのと同じものです。わたくし個人的には、先染めの青の染料が真っ白い糸にじわ〜っと染み込んでいく光景がとても好きです。

 

 

新事実② 夏は涼しい、ベンベルグのもつ驚異的な吸水・速乾能力!

  スーツの裏地というイメージがあるベンベルグですが、意外にも様々な衣料に使われています。自分には縁がないと思っているあなたも、実は今まさに着ているかもしれませんね。この時期、私には毎日欠かせません。そう、世の多くの女性が愛用するUNIQLOの「AIRism(エアリズム)」です。すぐに汗を吸い取って、一瞬にしてサラサラになる「エアリズム」(※キュプラ使用はレディースのみ)。おかげで夏場はあせもに悩まされることもなくなりました。ひんやり冷たくてシルキーな肌ざわりは、インナーを着ていることを忘れてしまうほどの快適さ。実はこの「エアリズム」にはベンベルグが約30%も使われているのです。ミュージアムでは、ベンベルグとポリエステルの裏地の吸水性・速乾性を比較する実験を見ることができます。(実験の結果は、圧倒的な実力でベンベルグの勝ち!)

 

 

新事実③ ベンベルグを生産しているのは世界で唯一「旭化成」だけ!

  いまや世界中で愛される「ベンベルグ」。これほどの素材なら世界中で作られているんでしょ!と思いきや、なんと生産しているのは唯一、日本の「旭化成」だけ。元々は1897年にドイツのJ.P.ベンベルグ社が銅アンモニウム法という繊維の新しい製造方法の工業化に成功したことがベンベルグの歴史の始まりでした。1928年に旭化成が同社からその技術を導入。1931年には宮崎県延岡市にベンベルグ工場を建設し、操業を開始します。以来80年以上にわたり、旭化成はこの技術を発展させながら守り続けてきました。現在は、”サスティナビリティ”にも積極的に力を入れており、審査が厳しいといわれる世界基準の認証をいくつも取得しています。

 

 

 昨年の2016年秋には「ベンベルグ」85周年を記念したビッグレセプションが開かれました。この日のために、システマ・モーダ・イタリア、ピッティ・イマージネ代表のクラウディオ・マレンツィさんをはじめとする、イタリアメンズファッション界の大御所らが来日。旭化成のベンベルグがいかに世界に愛されているかを感じます。合わせて、服飾史家の中野 香織さんやファッションディレクター 大住 憲生さん、写真集『JAPANESE DANDY 』の著者 河合 正人さんのトークセッションも開かれるなど、それはそれは豪華なイベントでした。実は私もこっそりご招待いただき、ちゃっかりとミュージアムに記念に飾られている集合写真の最前列に写っております(笑)ちなみに、わたくしが笑顔で腕組みしているおとなりの方は元・三陽商会 代表取締役会長 中瀬 雅通さん。いま考えると、とても恐れ多いことを・・・。

さて、ベンベルグの3つの新事実はいかがでしたでしょうか?今回の新事実の中に1つでも知らないことがあったなら、ぜひ神保町の「ベンベルグ裏地ミュージアム+」へ足を運んでみてくださいね。ただし、事前のご予約をお忘れなきように。もし「行ってみたいけど、ひとりじゃ心細いよ」という方がいらしたら、中里が(できるかぎり)なんとかしますのでご相談ください。

 

 

 

それでは、最後に復習です。

 

「ベンベルグ」とは、イコール何のことでしたか?

 

 

 

くどいので、流石にもう覚えましたよね(笑)